リング

ドレスの決め手

ウェディングドレスの注意点

指輪

ウェディングドレスは、一度決定してから本番の結婚式までの長い期間がたってから着ることになります。 結構体にピッタリ合わせて着せるので、花嫁は本番の結婚式までにウェディングドレスが似合うための体型を目指します。 ちょうど良い人は維持することを目指して。太りぎみなどで気になる人は日常生活から訂正を目指して。 ウェディングドレスは肌を出してるので、本番までの焼けも注意です。 肌を出す人なら他の出席者も含めて日焼けのあとが残らないように気を付けなければいけません。 そうでないと日焼けのあとが目立ってしまいせっかくの綺麗な衣装が台無しになってしまうからです。 ウェディングドレスは、本来は一生に一度着るものです。 もったいないので買うよりレンタルが多いですが、親から受け継ぐのもいいでしょう。

ドレスの選び方

ウェディングドレスは何度か訪れてはいくつもの種類をためしに着ることができます。ウェディングドレスは数が多くて悩むのもありますし、着るのに時間もかかるだけでなく疲労もします。また、結婚式の本番までに新しいデザインが登場することもあるので、お色直しも含めて簡単には決まりにくいです。自分が納得できるデザインもいいですが、他人からも良く見られたいものですし悩みがちです。家族や友人にウェディングドレスを試着した写真を見せて相談すると決めやすいです。また、せっかくの結婚式なので旦那さまの好みも聞いてみるといいでしょう。今の時代なら互いの試着の写真を見比べたりして衣装あわせもできるので、それをたよりに考えることも大切です。ちなみに、カタログで見せられるウェディングドレスを着ている外人が多いところもあります。頭の装飾も実際は一緒についてないこともあります。肌色や髪色との相性などはなんとか自力でイメージしたり、ちょっと合わなそうでも試着してみたりしてもいいでしょう。