リング

他にはない輝き

ダイヤモンドの歴史ともに成長

指輪

エクセルコダイヤモンドの創始者は、1919年にラウンドブリリアントカットの発明を成し遂げました。現代においても、ラウンドブリリアントカットはダイヤモンドをもっとも美しく魅せるカット技法として使用されています。そのため、エクセルコダイヤモンドはダイヤモンドのカッティング技術の向上に貢献した企業といえます。 カッティング技術を確立した後は、ダイヤモンドの品質にもこだわるようになりました。そのために、サイトホルダーの資格を取得するに至りました。サイトホルダーの資格を得るためには、厳格な基準があります。その基準を通過することによって、よりよい原石をいち早く入手することができます。 その後は、ダイヤモンドの原産国に利益をもたらす活動を継続しています。

エクセルコダイヤモンドの特徴

エクセルコダイヤモンドの大きな特徴は、トリプルエクセレントのダイヤモンドのみを使用している点です。トリプルエクセレントとは、カット評価のことです。ダイヤモンドの形、研磨、対照のバランスが取れたルースのみを使用しているので、華やかに輝きます。 また、エクセルコダイヤモンドのルースは、すべて完璧なアローマークとハートマークが現れます。ダイヤモンドに完璧なカッティングを施すと、これらのマークをはっきり確認することができます。それは、優れた品質のジュエリーである証拠です。 さらに、原石にもこだわっています。原石は、その大きさから6段階に分かれています。エクセルコダイヤモンドは、全体の1%に満たない貴重な原石を厳選して使用しています。